読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aj

日記

年末

ぼうっとしていたらあっという間に12月です。

環境は昨年と大きく変わったものの、楽器を続ける生活は今まで通りでした。ただ日常のスピードは去年よりもずっと速くなって、週3回のリハーサル、2回のアルバイト、そして月4, 5回の本番の繰り返し。最初こそ忙しさに目が回りましたが、それもあたりまえになり、いつの間にか気にならなくなりました。

所属するサークルが変わったため自分の立ち位置も変わり、全体に目を向ける必要がなくなったので、自身の演奏に集中することができるようになりました。去年からの傾向ではありますが、奏法に対して、視線がよりプリミティブなものに向くようになった気がします。管楽器演奏におけるリリシズムや強弱、音色といった概念を、その身体的な要因である発音や息、姿勢、力などに分解して練習します。例えば舌をつく際の息の溜まり具合や面積、喉や肺の形、息の速さや流量の変化など。ハーモニーや音のシーケンスに対しても、相対度数やピッチに着目し、基本的なアルペジオロングトーンなどに立ち返りました。ところで、良い音楽とは何かをひたすら考えていく過程で、音楽に対する信仰のようなものが減ってしまったように感じます。好きなものはたいして増えなかった分先鋭化されて、嫌いなものに敏感になった。しかし、どうして楽器を続けているんだろうという苦悩が、気がついたら消えています。どこかで受容がありました。身に合わないことをやっているのでしばしば辛さを感じますが、期待せず、技術の向上のためと割りきっています。

言葉をつかうのが本当に苦手で、今年もほとんど喋らず、書かずの生活でした。ものを言って頭の中身を排出することの大切さをひしひしと感じます。考えは外に出さないと滞留してしまうし、他に何も頭に入らなくなります。おかげで一度に一年分を書くはめになり、文章に一貫性を埋め込むこともできず、トピックの一つ一つが頭の中で摩耗してしまっているので、大したことも書けません。喋る内容も悪口の割合が増えました。数年前の自分からしたら信じられないぐらいです。謙虚さが必要です。つかう言葉に気をつけつつ、来年はもう少し書く量と頻度を増やせたらいいなと思います。もっと話せるようにもなりたい。それにしても、中身がないので難しい。

今年のベスト

新譜

  • Into The Silence / Avishai Cohen
  • Sunday Night at the Vanguard / Fred Hersch
  • Rising Grace / Wolfgang Muthpiel

旧譜