aj

日記

パターソン

http://paterson-movie.com/

www.youtube.com

ストーリーの内容を含みます

 

方方で良い評判を聞いたので、上映終了日の間際に滑り込むように観に行きました。

二人がベッドで目を覚ますシーン。向かい合ったり、背を向けたり、抱いていたり。毎朝の瞬間が息を飲むほど美しくて、羨ましい。

ところが、妻ローラの日中の姿への拒否感が、私には最後まで拭えませんでした。彼女のwanna beな振る舞いやエキセントリックなデザインの嗜好が、どうしても受け付けない。不思議な料理、怪しいギターの購入といった妻の行動に対して、パターソンの浮かべる複雑な表情も、夫婦を裂いてしまうような出来事の予兆のように感じられ、終始はらはらしながら観ました。

それでもドラマは幾つかの事件を経ながらもつつがなく進行します。この映画において、何かを愛するという行為は、決して損なわれることがない。それがパターソンという人であり、パターソンという街です。すれ違いを暗示する場面が幾度とあっても、二人をつなぐものは脅かされず美しいまま。失恋の折に暴走した男も、諌められこそすれ疎外はされないし、恋慕の気持ちが男の中からも失われてしまうことはありません。カントリー歌手を目指すにしては少しお粗末なギター演奏にも、優しい目が向けられます。カップケーキもたくさん売れる。そして、ノートが不幸な事故によって破かれてしまっても、詩は再び書き綴られます。

そういった意味で、ローラの振る舞いに感じた「ずれ」のようなものは、半ば意図して描かれていたのでしょう。愛は、質や評価といった事項とはまるで関係なくもたらされるものです。パターソンの詩も、他人からの評価という形で曝されることはありません。同じく詩を書くことを日常としている少女や日本人の男性にすら、パターソンは自分の詩を披露しません。おそらく、ローラに自分の詩を読み聞かせるシーンも劇中には無いのですが、ローラはパターソンの詩が素晴らしいことを知っています。評価という概念の無い、生の声で、ただ素晴らしいと言うのです。映画の隅々まで徹底されたその純粋さが、パターソンの町並みを詩的に映し出します。

ここまで書いてようやく、この映画に対する整理がつきました。もう一度、今度はもっと純粋な眼で観たくなるような、そんな映画でした。